先祖供養☆先祖の影響


今年は、あちらこちらから 何故か 『先祖供養』と『餓鬼供養』と言うキーワードが来ていました。

メルマガでも いろいろな所から そのキーワードが しつこく来たり、 いく先々でその様なお話を偶然聞く機会があったり、本に書いてあったりなど。

夏にあった神道の祖霊供養のワークショップは、 お寺で開催されたのですが、(神仏習合)の考えのもと、古神道の祖霊供養をお寺の住職も習う~なんとも素敵🎵そもそも神道も仏道も 明治維新までは区別がなかったのですから。) そのお寺では、祖霊供養と一緒に 餓鬼供養もすると、なんと六つの盆に立派にお供えされてました。

 

 

何故 こんなにメッセージが来たのか、ようやくある方とお会いした時に、自分の中で合点が行くお話を聞く事が出来ました。

 

私達は、何故その家系の血統の流れの中に魂を宿らせるのでしょうか?

輪廻転生を繰り返す中で、何故今世はその血統に入る事にしたのでしょうか?

魂には、今世は、どんな時代のどこの国のどの様な親元に生まれると言う、あらかじめの計画(魂のブループリント)があると言います。

自分が、この地球学校で学ぶに相応しい条件を選ぶのです。だからそこに生まれた事には深い意味があるのでしょう。

それと同時に、その血統に入るとは、その血統を引き受けることにもなるのです。祖霊は遡れば凄い沢山の方々がいるのは当然で、千差万別それぞれが、いろいろな人生を歩まれました。

その中でも、良い行い(得)ばかりを積まれ幸せな人生を送られた方はともかく(いや、これは少ないですねぇ・・・地球学校は、そもそも修行場ですからねぇ・・・苦笑。)問題になるのは悪行や苦しみにより因縁を残された方々なのです。

その想いが深ければ深いほど未浄化のままエネルギーとして現世に残り、いろいろな形で浄化出来るまでは、子孫である私達に影響を及ぼします。(いやはや、何とも😅)

私達の課題のひとつには、この祖霊の魂を癒し出来る限り浄化する事があるのです。

それには、先祖供養はもちろんですが、自分がどの様な生き方をするかにより、浄化されていくものなのです。

その家系に生まれたのは、祖霊と共に越えるべき課題が同じだと言う事やも知れませんね。

祖霊供養も、ただやれば良いのではなく、供養する気持ちがやはり大切で、お金を払ってお寺に任せて終わりではなく、生きてる人間と同じ様に、思いやる気持ちが大事なのではないでしょうか。

祖霊の影響って、知らないだけで、自分の性格から体質的な事まで、もちろんあります。

バロメーターは、私の場合、いかに自分が鎮まっているかが鍵になっています。自分に全てが現れていると考えるからです。

だから、先祖供養と共に、日々 自分を禊いで魂を鎮める事が肝心なのですね。

 

自分の中にこそ、祖霊と供に越えるべき課題があります。自分を知る事が祖霊を知る事なのだと感じます。

 


 

 

ありがとうございます♥

 

合掌✨

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サイトへログイン

ページトップへ